免疫力を高めてくれる

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

抗がん作用に並び、フコイダンが注目されているのが免疫力増強効果というものです。結果的に抗がん作用につながるのですが、免疫力増強効果というのは、体外の有害物質から体を守る機能を強化してくれるものなのです。これは、機能的には研究結果、症例によって確認されているところがあるため、信頼性としてはとても高いものとなっています。

免疫力免疫力というのは、体内にもともとある力であって、外部から来たウイルスなどに対して攻撃してくれる効果を持っています。異物に対しての力というのは、人間が健康でいるためにはとても大事なものなのです。この免疫力が下がってしまうと、外部からくるウイルスなどに対して力が弱まってしまうこともあります。

それに対して効果的なのがフコイダンの持つ免疫増強効果ということです。これは、体内の免疫をつかさどる細胞を刺激し、活性化させるという効果を持っているのです。フコイダンには多糖類が含まれており、それが体内に入ると免疫細胞に外敵と間違われてしまいます。その外敵を排除しようとする作用により、別の異物に対して高い免疫力を発揮することができるというわけです。

さまざまな効果があるとされるフコイダンですが、健康食品としてこのような効果が期待されています。

注目される作用

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

フコイダンと言えば、何かと注目されることが多いのが、やはり抗がん作用ではないでしょうか。この作用がある理由としては、有効成分として含まれているβグルカンによるものです。

βグルカンこの成分は、キノコ類、海藻類にも含まれているのですが、フコイダンに対しては大量に含まれているとされているのです。βグルカンは、多数のブドウ糖が結合したものであり、体の免疫力を高めてくれる効果を持っているのです。これにより抗がん作用があると言われているわけですが、厳密にはそうではなくて、身体の免疫力を高めることによって、結果的にがんの発生を抑制しているというわけなのです。

ちなみに、抗がん作用を疑問視する人もいるとのことなのですが、免疫機能を高めるということががんの予防、治療に対して有用ということが医学的に認められています。がんが発生することで免疫力の低下につながることもありますから、免疫力を活性化させることはがんの予防につながるとみても良いわけです。

これに関しては副作用がないと言われているわけですから、まずは一度試してみるのも良いかもしれません。結果的に免疫力がアップするということに関しては、プラスであってもマイナスはありません。

健康食品のフコイダン

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

フコイダンとは何かということをここで紹介します。

モズク、メカブなどの海藻類にはヌルヌルがあると思いますが、フコイダンはその中に含まれている成分のことを言います。このヌルヌルの働きは、海中で砂や小石が接触することから身を守るためにあるのです。また、乾燥を防ぐという役割も果たしており、簡単に言えばバリアーのような機能を持っているということです

フコイダン
画像出典元 [フコイダン健康食品サイト:VENTUNO

フコイダンは、今より100年近く前に発見されました。スウェーデンの学者によって発見されたフコイダンですが、複雑な分子構造を持っていることもあり、研究対象にはならなかったのです。しかし、それから時は流れ、2002年にフランスの学者の研究によってがん予防に対して効果があることが分かったのです。今現在も研究が進められており、世間の注目をより一層浴びるようになっています。

このように今話題のフコイダンですが、どういった特徴があるのかなどについて紹介します。まずはフコイダンは健康食品であるということを理解しておくことが大切です。健康食品ということですから、過剰摂取には十分に気を付けなければなりません。用法や用量をきちんと守ることが求められます。また、飲み合わせによって薬の効果が強くなったり弱くなったりする可能性がありますから気を付けましょう。それから、薬を飲んでいるのであれば、医師に相談してからの利用を心がけましょう。

では、フコイダンの特徴などについて次で紹介します。